沖縄黒糖の栄養成分

沖縄黒糖の栄養成分

黒糖には砂糖の主成分であるショ糖以外にも、
ミネラル(ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄など)が豊富に含まれています。
また、ビタミン(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6など)も含まれていて、栄養がとっても豊富です。
成 分 黒 糖 上白糖 はちみつ
カロリー(cal) 352 384 307
水分(g) 2.1 0.9 20.5
たんぱく質(g) 1.7 0 0.2
脂質(g) tr 0 0
炭水化物 糖質(g) 89.7 99.1 79.2
灰分(g) 2.7 0 0.1
カルシウム(mg) 240 2 35
ナトリウム(mg) 240 2 35
リン(mg) 31 1 14
鉄(mg) 4.7 0.2 0.8
カリウム(mg) 1,100 2 13
マグネシウム(mg) 1 31 tr
亜鉛(ppm) 2.12 0.5 0
銅(mg) 1.34 0.01 0.04
ビタミンB1(mg) 0.05 0 0.01
ビタミンB2(mg) 0.07 0 0.01
ナイアシン(mg) 0.8 0 0.2

■カルシウム■

骨や歯を作るのに必要な栄養素です。一般的な砂糖(上白糖)の120倍のカルシウムを含んでいます。

■カリウム■

余分に取りすぎた塩分を排出し、血圧を下げる効果があります。
一般的な砂糖(上白糖)には無いたくさんのカリウムが含まれているのが黒糖の大きな特徴です。

■鉄■

酸素の運搬やエネルギー産生、貧血防止には必要不可欠な栄養素です。

■ビタミンB1・B2・B6■

脂質・糖質・たんぱく質の代謝や皮膚や粘膜を保護し、健康的に維持するのに必要な栄養素です。

<その他の成分>

■オフタコサノール■

サトウキビやリンゴの皮など植物の皮に含まれる成分でコレステロール抑制し、疲労回復に効果が期待できます。

■フェニルグルコシド■

黒い色素成分で、血糖値の上昇を抑える作用があり、腸で余分な糖を体外に排出したり、糖の吸収を抑制したりします。